各地域の時系列気象データをCanvasとD3.jsで可視化してみた

各地域の気象データをHTML5のCanvasとD3.jsを使って可視化しました。

※画像をクリックするとページを移動します


データは気象庁からダウンロードして、加工させていただきました。

気象庁ホームページ : http://www.jma.go.jp/jma/index.html

以下、操作方法の説明です。

  • 適当な場所をダブルクリックをして軸を作成する
    (軸は、最高気温・最低気温・平均気温・風速・日照時間の5通り)
    (置ける軸の最大数は3つで3つ置くと三次元散布図っぽい感じに)
  • ドラッグで移動、スクロールで拡大縮小
  • 右ドラッグでデータの範囲指定ができ、囲んだデータをグループ化して集計グラフを表示できる
  • ゲージフィルターで可視化するデータの範囲を調整可能
  • 時系列のスライダーで任意の年のデータを可視化可能
    (データは時系列で2009年~2013年のデータを格納)
    (アニメーション再生をすると、2009年から2013年まで順番に可視化します)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です