WordCloudとpyLDAvisによるLDAの可視化について

表題の通り、潜在ディリクレ配分法(LDA; Latent Dirichlet Allocation)によるトピックモデルを学習させて、WordCloud・pyLDAvisで可視化までやってみます。 データセットの用意 今…続きを読む続きを読む

テクニカル分析で買いシグナルからの株価推移を調べてみた

株やります← 株価取引において、最近では「スイングトレード」などというワードを見るようになり、下記のような書籍も書店に並ぶようになりました。 株でゆったり月20万円。「スイングトレード」楽すぎ手順 posted with…続きを読む続きを読む

ベイズモデリングで男子プロテニスの強さを分析してみた

久しぶりにベイズモデルをやります。 今回は、Kaggleのデータセットで公開されている、男子プロテニスの試合結果データがありましたので、これを使って各プレイヤーの強さをモデル化してみます。 Association of …続きを読む続きを読む

インタラクティブなグラフ生成ライブラリPlotlyについて

Plotlyというマウスでぐりぐりと動かせるようなインタラクティブなグラフを生成するライブラリがあります。 最近これをよくJupyter notebook上で可視化して遊んだりしていますので、これについてまとめます。 P…続きを読む続きを読む

白線の教師なしセマンティックセグメンテーションを頑張ってみた

セマンティックセグメンテーションは、画像系ディープラーニングの一種で、画素レベルでそれが何かを認識するタスクを行う手法です。 やっていることは割りと簡単で、画像分類のタスクでは、画素情報をクラスの次元に落とし込んでいまし…続きを読む続きを読む

深層強化学習でシステムトレードしてみたかった

不労所得を目指します。← 表題の通りです。 やっては見たものの、結果として、エージェントの設計により、あまり面白くない結果になってしまった感が否めないため、「してみたかった」系タイトルです。 今回は以下のアルゴリズムで、…続きを読む続きを読む

Chainerでファインチューニングして特徴量抽出してみた

さらに続きとしてやってみました。 前回は、花の画像データセットで、VGG16の学習済みモデルを使って特徴量を抽出してみました。 今回は表題の通り、タグ付け情報を用いてファインチューニングを行った後に、特徴量を抽出して様子…続きを読む続きを読む

Chainerで転移学習・特徴量抽出して類似度を測ってみた

一応、前回の続編的な感じになります。 前回は自己符号化器で画像の画素値を次元圧縮し、得られた特徴量を使って類似度計算を行ってみました。 今回は、モデルを一から学習するのではなく、転移学習で得られた特徴量を使って類似度計算…続きを読む続きを読む

英単語の英字遷移率をChord Diagramで可視化してみた

Pythonでクロール・スクレイピングをする練習がしたかっただけなんですが、ただスクレイピングするだけじゃ面白くないので、付け足しで遊んでみました。 本当はこれでコーパスを作って、自然言語系でディープラーニングをやりたい…続きを読む続きを読む

Pythonで地理データを階層ベイズモデルで推定・可視化してみた

続き。 まぁ、続きと言いますか、少し前に書籍の『岩波データサイエンスVol.4 -地理空間情報処理-』を読みました。 そういえば、今は『Vol.5 -スパースモデリングと多変量データ解析-』も出ていますね。 岩波データサ…続きを読む続きを読む

e-Stat APIをPythonから使って地理データを可視化してみた

Epoch.jsでリアルタイム可視化をしてみたかった

挫折系タイトルです← IoTっぽくリアルタイムに送信されていくるデータを、Web上で可視化することは出来ないかと思い、少し調べてみましたが…。 ひとまず、こんなJavaScriptライブラリが見つかりましたの…続きを読む続きを読む

Leaflef.jsとD3.jsでマップデータを可視化してみた

Leaflet.jsというWebマップ表示ライブラリを知りましたので、使ってみました。 Leaflet.js Leaflet.js : http://leafletjs.com/ 結構前からあったそうな。 ※画像をクリッ…続きを読む続きを読む

D3.jsでよくあるツリーレイアウトの可視化をしてみた

「よくある」ってなんだよって感じではありますが…。 ひとまず例のサイトがありますので、こちらになります。 例 : http://bl.ocks.org/mbostock/1093025 これを見ていて、よく端末内のディレ…続きを読む続きを読む

都道府県人口データを地形の高さに可視化してみた

明けましておめでとうございます。 表題の通り、今回は都道府県人口データを、D3.jsとThree.jsの日本地図に、都道府県ごとの地形の高さに表してみました。 データを地形の色の濃淡で表す図のことを「コロプレスマップ」と…続きを読む続きを読む

D3.jsとThree.jsで日本地図を可視化してみた2

上記の前回記事では、D3.jsとThree.jsを使って日本地図を描画しました。 D3.js : http://d3js.org/ Three.js : http://threejs.org/ そこからさらに勉強を進めま…続きを読む続きを読む

都道府県・市区町村人口データをツリーレイアウトで可視化してみた

日本の人口データなどをD3.jsのツリーレイアウトで可視化してみました。 ※画像をクリックすると、ページを移動します。 データは国勢調査からダウンロードさせていただきまして、RubyでJSONに加工してD3.jsで読み込…続きを読む続きを読む

D3.jsとThree.jsで日本地図を可視化してみた

D3.jsとThree.jsを使って、日本地図を3D的に描画してみました。 D3.js : http://d3js.org/ Three.js : http://threejs.org/ ※画像をクリックするとページを移…続きを読む続きを読む

都道府県・市区町村別人口データをD3.jsで可視化してみた

D3.jsを使って、日本の人口データを可視化してみました。 D3.js : http://d3js.org/ ※画像をクリックするとページを移動します データ(都道府県や市区町村の緯度経度の座標・人口)は、ESRIジャパ…続きを読む続きを読む

各地域の時系列気象データをCanvasとD3.jsで可視化してみた

各地域の気象データをHTML5のCanvasとD3.jsを使って可視化しました。 ※画像をクリックするとページを移動します データは気象庁からダウンロードして、加工させていただきました。 気象庁ホームページ : http…続きを読む続きを読む